FF11Umin内藤烈伝

Odinで大活躍中?のタル内藤UminのBlog。 LSヘッポコ組内でのことを中心に様々な出来事を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

決戦!裏世界!!(デュナミスサンドリア編)

え~、かねてより発案していた

「知り合いだけのつながりで裏世界へ行こう!」

このプロジェクト、当初の構想では20人くらいで裏世界へ逝き
見事に散ろうってコンセプトでした。

もともと大佐の引退式用に考えたアホイベントなのですが、いつのまにか話が膨れ、当の本人先に旅立ち、気がつけば開始当日は40人が集まる一大イベントに。




ええ、めちゃくちゃびびってました。




まさかここまで膨れ上がるとは計画立案当初は思ってもみなかったので・・・。

参加前日になっていきなり5,6人増え、当日の朝7人ほど増えましたw


どうやら直前までエントリーオッケー&レベルは無視、ジョブ無視ってのが効いた模様。





こんなことになるなら名前をもうちょいマシなものにしたほうがよかったと激しく後悔・・・・○∠\_



サンドリアのモグ前で外人に

「Wow!what's happen! LSname?」

と聞かれ答えられませんでした。






「HAGEfrontier」


日本語で


「ハゲの開拓者」














どない説明せいと?



そんなこんなありまして、お昼1時、サンドリアには高レベルが続々集合。

途中てぜやんがさおさんのLSを別裏LSと勘違いしてバッティングしたと思い込みあせったなどのハプニングもありますたが・・

なんとか全員サンドへ集結。同じLSでこれだけ集まる様は圧巻でした。


とりあえず概要を説明し、マクロなどの諸注意を促した後PT編成。

友達同士、同じLS同士がなるべく同じPTになるように構成とバランスを考慮してがんばってはじき出しました。

チームわけもスムーズに進み無事完了。


よいよ突入ということに。



砂時計をトレードすると、なんかミニイベントが。

おお・・緊張がみなぎってきた・・!!

ドキドキしながらイベントを待ちます・・

”サーバーに問い合わせ中”という文字がでてトレードがいけることが確認されました。

一番怖いバッティングの恐れがなくなり、よいよトレード・・!!


止まっている砂時計が流れ出した砂時計へ変化。


このときがついに来たか・・・

実現するとは思ってなかった未知への扉が開かれた瞬間です・・!








20041130122351.jpg


各リーダーへそれぞれ砂時計を渡している様子。















各自トレードして順番にデュナミスへと足を運び入れます。








20041130122225.jpg

ウミン所属黒部隊へトレードしているところ。この間も時計は流れる。











そして全員が入ったのを確認した後、Uminも突入。




とうとうやってきました・・・!!!





うお・・闇x2の天候さらに音楽は闇王戦前のイベントの音楽だ・・!!


不気味すぎ!!!







20041130122235.jpg

デュナミス突入直後。ひるさんが源氏物語を・・・w












部隊全員が突入を確認。

釣り役に任命したクガさんが石像をターゲット。



20041130122245.jpg

開始直前、くがさんがターゲットをロックオン














石像へ矢を発射!



ついに始まりました裏サンドリア!!



石像にヘイトがのると回りに獣人が沸く仕様の裏世界。

気持ち悪い、普段とは全く違う顔色の悪いモンスが出てきました!

ウミンは黒部隊のターゲッターとして動くので、主に石像にタゲをいれます。











20041130122254.jpg

オーク型らしいがとにかく攻撃が痛い!HPが少ないので精霊であっさりしぬけどパニックでなにがなにやら・・





20041130122303.jpg

大きさは1ガルカくらい?(適当)
つっこんだらアカンらしいが、知らんわそんなもん!
初めてじゃから挑発してますた!















沸いてくる獣人はそれぞれ2hアビを使用してきます。
モンク、忍者、召喚タイプがかなりやばく、ほんと気を抜くと壊滅しそうな強さ。


開始早々、いきなりナイトのWolfさん死亡。


死因はモンクの百烈だそうな・・。おそろしいとこだぜ・・。






20041130122312.jpg

薄気味悪い獣人で、強さも半端ない!
72ナイトが一撃120くらいます









20041130122321.jpg

傷つき倒れる盾達・・。つよい・・つよすぎる。


いきなりのハプニングでしたが何とか乗り切り、衰弱している人は後方へ下がって残りの戦力で順調に殲滅。


見たことないアイテムがガンガンドロップ。

オルデール銅貨やインフィニティコアなどがボロボロと。


AFがちっともでなかったですが、レリックガンがドロップ。


これが結構大量に出て、狩人さん全員にいきわたりさらに余る状況に。



腐れと伊豆氏にまで渡る始末・・・

二人とも捨てたそうだ・・(´_ゝ`)





なんとか大きな事故も無く、まずは時間延長15分。

盛り上がる一同。

ジョブ、レベル不問だったけど結構やれてる感触。


いいね、この一体感!


やっぱ冒険はこうでないと!





時折死者が出るものの、大きなトラブルも無くまずは東ロンフォ前の中ボスまでいくことに。


ここで門前の敵を片付けていたら








微塵がくれ炸裂!!




ちかくのPT壊滅的なダメージorz




恐ろしいとこだ・・!!

オラァ、ビクビクしてきたぞー!!


衰弱を直し、クガさんにNMを釣ってもらうことに。

こいつは範囲魅了のやっかいな敵。

とりあえずは周りから倒して最後にいっせいに攻めようという作戦へ。
















20041130122328.jpg

イッパイキターーー









ものすんごい数の獣人が押し寄せ、その様子はまさにオープニングさながら!


スリプル、ララバイが乱れ飛び、恐ろしい大混戦に!

NMをくがさんがマラソンし、とにかく残った戦力で戦う仲間達!

しかし強い!徐々に押され、次々と倒れていきました・・・



その様子まさに地獄絵図・・


レベル65以上の猛者が紙切れのように次々と散っていく・・

なんてところだ・・デュナミス・・・


















20041130122342.jpg

オークトレインにひき殺された面々。
白、赤、黒、詩人たちによるサルベージが開始・・・。





クガさんが泉で粘っている間、なんとかみんな衰弱を直し改めてNMに突撃。

範囲魅了無く無事撃破!

ふいいい・・・・









さてそのまま一行は、競売へと。

と、ここで本日初のAF2ドロップ!

盛り上がる面々!

でたのは白AF帽子のクレリクキャップ!


ロットの結果、しぇいちゃんの友達に無事渡りました!

いや~やっぱAFでると盛り上がるね!

ふささんたちもトレパンツの面目躍如といったところか?w





競売前は召喚がいっぱいでるときいていたので、チョコボ厩舎のほうへと進み、キャンプ地を選定。




ところが思った以上に時間が無かった模様。


ここで時間切れに。









こうして未経験者主催、野良募集一切無し

横のつながりだけの常識全てを無視した裏サンドリアは終わったのでした。



終わってみれば反省点がいっぱいあったけど、みんなすごい喜んでもらえて本当にうれしかったです。






やってよかった!




早くも次回を望む声が多数あがっておりますw

そこまで好評だったのはうれしいけど、みんなもうちょいまってくれw

前日緊張で寝れなかったくらい心労が激しいんですよ・・w

やっぱ40人もまとめるとなるとホント大変。

充電期間をください・・・orz



でも次も必ずやります。

あのメンバーで結構いけたのは大いに自信になりました!


レベル補正とか、ジョブとか関係ないね。

いるのは仲間意識だ!


最初から最後まで盛り上がったまま終わってくれて本当にありがとう。

次やるときはクリアできるように、また各自腕を磨いていてください!



次回は裏バスだ!!

日時は未定・・w




20041130131704.jpg

スポンサーサイト
  1. 2004/11/30(火) 13:21:01|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

やばい、本気で泣いた。

SEGA FANTASY V


直撃世代だから笑いと感動の涙とごっちゃになって、最後まじで涙流してしまった・・。

あの頃は良かった・・。

江戸っ子とか、いまの中学生小学生はFFのギルガメッシュっていうたらノーグで海賊してる目立たないおっさんくらいとしか思わんのかなw

俺らの世代のギルガメッシュっていったらFF至上最高にかっこいい敵キャラだったんだよな~。

BGM:ビッグブリッヂの死闘と合わせてほんと最高だったよ。

スーファミFFはやっぱ最高の神ゲーだたーよ・・。


あれからもう12年もたつのか~、早いな~。





プレステに移ってからウンコゲーになっていった気がするなあ・・・。

キャラデザがキングダムハーツの人に代わってからオタゲーへと変化していったよね。


7はマテリアシステムとかは面白かったが近未来ってのがどーも納得いかんかった。


8は・・・・8は・・・・・・・・・・

なんだろう・・谷夫妻くらい許せないものがこみ上げてくるね。



9は原点回帰らしい。スタッフもスーファミを意識したらしく、ディフォルメキャラ・クリスタルなど懐かしいものがあった。

俺は大好きだったかが、すでにオタゲーとして地位が確立していた時代だから、受け入れられなかったみたい。



10はもう映画ゲー。ムービーのほうが操作より長い



10-2は作ったやつ射殺したい。

ユリパレディー!って製作者の頭が”ゆるくてパー”のことだと本気で思った


まあすごい不安を抱きながら新品で買って、オープニングの戦闘までしてからソッコーで売った。


おれの脳内FF歴史図から完全に削除してます。


なんかまたやりたくなってきたな・・。

FFコレクション買い戻そうかなあw
【“やばい、本気で泣いた。”の続きを読む】
  1. 2004/11/25(木) 11:40:19|
  2. 雑記(FF関連)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

裏世界が近づいてきた

よいよ裏世界が近づいてきました。

このイベント元は大佐の引退記念になにかしたく、普通じゃないある種派手な式を催すつもりで考え付いたもの。

自分自身が一度は行って見たいと思っていたこともある。

裏世界など遠い存在だと思っていますた。

どこかの主催にもぐりこめればいいけど、今はどこも募集しておらず、固定で攻略を繰り返しているとかなんとかで新規が入り込む隙間もないそうだ。

あれ?どこかでこの状況みたような・・・




HNMLSですな。


キャップが長引けばそれだけレベルが上がってくる人たちも多くなるわけで、俺ですらナ72になってしまいますた。

そうなってくると自分の力を試してみたい、あのころには手の届かなかったものに挑戦してみたい、なんて欲求が出るのは当然だ。


だけど供給がおいついていない。


俗に廃人と呼ばれる人たちに独占されてしまっていている。

あげたくもないジョブを無理矢理あげて入れてもらい、窮屈なルールに縛られながら下積みをし、そこで初めて望んでいたものの一部を垣間見ることができる・・・。



おいおい^^;

ゲームですよw

LSどうしの罵り合いとかどう考えても普通に考えられる常識を逸脱していってるようにおもえるんだが・・・


目的のためには多少の犠牲がなんちゃら・・
 っておまえそれって人間としての本分忘れてねえか?w


なーんでちょっと楽しもうとするのに多大な苦労をしなきゃいけんのだ。それもしたくもない苦労。

そんなの嫌じゃのぅ。

だったらお手軽なとこあればいいのう・・・。

ないのう・・・・。





めんどくせ!自分で主催しちまえ!






という経緯をたどり今回の主催を思いついた次第だす。




ヴァナにさ。


一個くらい、なんも気にせずぱーーーーっとこういうこと出来る集まりがあったっていいんじゃねえかな。


○○いらんとか、レベル○○以下はくんなとか、前衛は募集締め切りとか・・・


まあ野良は勝つことが目的で他人を巻き込むわけだから下手は打てないししゃあないけど、知ってる仲間、見知った友達と一緒にやるとなると話は別だっしょ。

縛り、焦燥感、疎外感を出来るだけなくしつつ、程よい緊張感と楽しい連帯感をかもしだせる裏世界もできるはずだろ。

廃人の足止め策に作られた裏世界を、自称一般人で初心者でやってやり、■の思惑から外れてやろう、廃人じゃなくてもやれるぞってのみせてやろう。


というわけでホンキでがんばって主催するんで、みなさんご協力マジでよろしく。






やるからにはクリアを目指したい・・けど束縛したくない・・

自由に動いてほしい・・

一応経験値を預かる身だから下手をうちすぎるのも・・・


などなど、実際はちょっと肩に力入ってますw

柄にも無く緊張してます。

どうか無事に終われるといいのう・・。
  1. 2004/11/24(水) 16:00:30|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビギナー

Umin
こんにちわ!ウンコの配達にきました!

Britz
いつもご苦労様。

Tororo
ウンコおひとつくださいな。


Anne
おまえら、いいやつだな!








昨晩のLSに挨拶時をそのまま再現してみました。


いつもこんなんです。そこ、帰らない。





さて、昨日コロロカでモンクをひっそりとレベラゲしておりました。


じ~・・・

なにやら見つめられておりますな。

間もなく一通のTELLが。


「こんばんわ、レベル上げ一緒にしませんか


お、狩場で誘われるなんて珍しいな。

タルモさそうとは度胸あるぜ!よっしゃあそぼ!

即答でオッケーをだし加入。

挨拶もほどほどにさっそく狩るモンスを選択します。


戦士A
「なにをやるのがいいんでしょう?」


戦士B
「よくわかんないです」


ナイト
「う~ん・・カニいけそう」


白&シ
「お任せします」



む・・18~20のPTでカニか・・

ちいっときついんでないかい?

疑問に思いつつも、狩場へ。


到着後、連携を決めることに。


戦士A
「パワースラッシュ、ハードスラッシュいけます」


戦士B
「ボクもです」




えっ!?



冗談だと思っておりました。ところがどーも本気の様子。

ランク2・・・装備はなかなか・・。

ん~・・もしや・・初心者の人かな?

ちょいと?だしつつ戦闘開始。















あっさり、最初のカニで全滅したわけですが


敵のHP全然ケズレテナカタヨ。

俺は山串くって1,3とかでした。

んで白に着替えてレイズしにくることに・・。


HPが表示されると・・

「おお!」

「すげー!!」



賞賛の声。やっぱり初心者か~!珍しいなぁ。

オデンにもまだ新規の日本人くるんだのう。



実は二人は兄弟で、一緒にレベル上げしてきたそうで

連携もまったくしらず、PT誘っても断られることもおおく

なんか苦労してきたらしいヨ。


とりあえず生き返らせて場所移動、コウモリミミズを中心にして

連携をあれこれ教えて、パワースラッシュ>ハードスラッシュで湾曲を完成させてあげますた。

なかなか決まらなかったけど、最後一回だけようやく成功して歓喜の声。

無邪気に喜ぶ二人を見てこっちも楽しくなったり。

ランク10のナイトさんもすごい良い人で結局3時過ぎまで遊んでました。


LSつけてなかったので誘おうかと思ったけど、75の人とかいっぱいいると気使うかな~って思ったんで、控えました。

願わくば初心者の多い日本人LSに拾ってもらえますように・・。


  1. 2004/11/19(金) 18:10:15|
  2. レベル上げ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

デスノーコ2 ~聖戦の系譜~

日記をブログにしてみました。
いやまあ・・フォントタグとか手打ちするの面倒だな~っておもってたんで・・・。



これなら幾分ましかなとおもったら色変えれねえ。

労力があんましかわんないよママン○∠\_

結局タグ打ちの日々からは解放されないUminでした・・。


まあレスはできるようになったからw






ケイドロ日記のことなぞどこへやら。

いや、はいかきますよ、もうちょっとしたら


さて久々にこっちの更新になりますが、ネタがないとかというよりも

かなり忙しいのが現状。

ちょろちょろっと更新してますが、日記内容はすべてHTMLタグ手打ちなので

大変です。

だから大手の日記サイトとかみてると尊敬します。

毎日更新しておもしろいとこなんか気でも狂ってるんじゃないかと思います。

ぶっちゃけ仕事がな(ry

くみちょとやこさんなんか日記なぞ無かったことにしようとしてます。










とりあえず先月ですが、デスノーコNocoと日本ケイサツ最後の砦LことLunaireとともに

ウルガラン山脈を越えに行きました。

そう目指すは熊爪嶽



なにしにいったって?

いや単なる冒険ですよ。全滅確定のな


おまえらデスノーコがいて生きて帰った確率を知ってるか?



ウルガラン山脈はザルカバート左上より進入します。

まあ追加エリアですがぶっちゃけボムがいるんでレベル上げできません。

いわゆる死にエリアですね。

ここ考えたプロデューサーこそ死ねばいいのにとシャレにならんこと考えながら3人は進みます。



なんでここで冒険すんのか?

読んでる人は不思議に思ったことでしょう。

理由は簡単。

ここインスニ見破りモンスがいるんだもん。


ミノタウロスですよ奥さん。


通称”ミノさん”と呼ばれるこの牛ともアクマともつかないモンス。

インスニ見破るは、死の宣告使ってくるはで相手にされない度がボム級に高いウンコモンス。

どーせならこいつのいるところを切り抜けて頂上めざしてみようぜ!っていうのが今回の狙いなのです。

ドキドキしなけりゃ冒険ちゃうしな。





途中バッファローとかと記念に戦闘しつつもりもり上を目指すバカ3人組

ふぶくと敵がどこにいるかわからない恐怖にかられ、ボムがいるからスニかけるのも一苦労。

なにより地図がない恐怖。

やべえ・・面白いw


久しく忘れていた冒険心を思い出しつつ、敵にたまに絡まれつつ3人は徐々に頂上に近づいていきます。



途中ボムに絡まれ、ファイア2を唱えて大幅にレジられるデスノーコ。




Umin
「おまえな・・氷ボムならブリザドでしょが・・」


Noco
「火には氷かけるのが一番いいとおもっておったよ・・・」


メイン黒とはおもえない無知っぷりにやっぱりアホな月(ライト)と再認識しました。






さあ・・もう70からみてとて2++しかいないところへとやってきました。

絡まれ=死亡の方程式が完成する地域です。

身を寄せ合い、震えながらインスニを切らさぬよう登っていく三人。



気分は”夜中に「ウンコ黒人」ってかいたプラカードを掲げながらアメリカのスラムを歩く”感じ。



相当怖いです。

まだデスノーコは発動してませんが、おそらく99%の確率でここでなにかおきると予測できます。










ズシーン、ズシーン







Lunaire
「きゃーーーー」





ほーらね(*´◇`*)






強いミノさんの攻撃!>Lに300のダメージ!!






よりにもよってミノかよ





強さは・・・?

「とてもとて(ry」














母さん、先立つ不幸をお許しください。





レベル65前後のテンパリ二人を連れて、生き残れるとは思えません。

なんでここにきて限界6発生しますか?

日記ネタには丁度いいがな・・・。






あ、ノコたんまだ生きてるお!

ほんじゃいっちょ派手に散るか~^^

お~^^






てな具合で抜刀!

とてとてだけど被ダメはどうもレベラゲクラス。

ん~やれないことはないけど・・アタッカー次第か・・?

Lさんのバラバラとノコスケの精霊頼みになるわけだけど・・・

Noco!ブリザド3いってみれ!!


デスノーコのブリザド3!>ミノさんに600のダメージ!


うお!かなりきくな!

これならあと6,7撃てばなんとかなるか!?

じゃあとにかく粘って粘って粘りきってみようぜ!!



とがんばってみたもののすさまじい乱戦!

精霊は通るけど、通り過ぎたらデスノーコの上にりゅーくん降臨してまうくらいタゲがむくので、非常にヘイトが重要に!

おれのMPもバラバラジュース頼み。

無限じゃないので、次第に押されてきます!

死の宣告はまだきてませんが、いつ来るか分からない恐怖。

刻一刻となくなっていくMP周りアクティヴだらけの状況・・。

まだ死んでないほうが不思議でした・・



MPのつきたデスノーコが座っている間、ミノを眠らせてバラバラ回復をとおもい、作戦指示。


スリ2、スリ1!



しかしおきる!

闇耐性か!?


ならばソウルララバイだ!





きかねーーーーーーーーーーーーーーーーー


つかなんでこんなに起きるんだ!?

こいつララバイ耐性まであんのかよ!


やっべえヒーリング十分じゃねえ。

それでもMPを振り絞って精霊を発射するデスノーコ。

タゲがとりもどせなくなってきました!

おれもアビを使い尽くしてるんで、ヘイトカセゲンヨ!






ゴスッ!!ドスッ!!ズガッ!!!
















デスノーコ自分でデスノートに名前を書いて死亡



残り1mmが削れず無念の殉職。



やっぱりねっていう雰囲気漂う中、残された攻撃力がチンカスの二人。

斬っても当たらない、当たっても悲惨なダメ。

あと1mmが削れずオレのHPは真っ赤に。


さようなら・・やっぱりおれもデスノートに名前かかれてたみたい・・・



HP戻ったらNocoに腐肉10D送りつけてやる・・







薄れ行く意識の中、突如ミノさんの咆哮が・・・。



ミノさんは倒れた・・





( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!



あれ?俺斬ってないよ・・・?

なんでしんだんだ?


あれか?これもデスノー(ry






どうやらスリップで逝ったみたい・・・




つっか、それじゃスリもララも入るわけないじゃんwwwwwwwうhおkwwwwwww




○∠\_





だれだよ・・スリップいれたやつは・・w




ともかく被害を最小限にとどめた一行。

普通なら全滅確定だけど、Lのおかげでまた日本は救われました。

ほんと大活躍だなw






デスノーコをレイズして、再び登山を始め、頂上付近へついてから、崖を発見。


滑り落ちてキャーーワーーー。


雪山のボードみたいでたのしーーーいっやああほおうううう
















最初のスタート地点にきましたorz


途方も無く疲労して解散・・。

まあ・・冒険はできたから・・それでよしとしよう・・。

















後日あれだけの思いをしながら捜し求めていた熊爪嶽はウルガランのBCだと判明。






■eなんかつぶれてしまえ。
  1. 2004/11/17(水) 14:10:55|
  2. デスノーコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。